頬骨削りで小顔を手に入れることができました

頬骨削りで小顔になることを決意

ある日、顔が大きいことで悩んでいる話をすると、頬骨削りの存在を教えてくれたのです。
まさか整形を勧められると思っていなかったのでショックでしたが、彼女は大学入学前に二重にする手術を受けたことを教えてくれました。
内容は違えども彼女も大きなコンプレックスを抱いていたようで、少しでも自分を好きになるために受けたと教えてくれたのです。
そこからは頬骨削りについて調べるようになり、二重手術などより大変そうなこと、結構大掛かりでお金もたくさん必要なことなどが分かりました。
けれども、調べれば調べるほど手術を受けたいという気持ちが強くなってしまい、とうとう帰省したときに親に相談したのです。
すると、昔から顔が大きいことで悲しい思いをしてきたことは知っているということ、やりたいと思ったのであればやったほうが良いということを伝えられました。
すでにアルバイトは行っていたので、もっとバイトを増やして稼ぎ、そのお金で社会人になるまでに実施しようと思っていたのですが、両親からお金は出すから早めに行ったほうが良いと言ってもらえました。
両親の言葉に甘えて、長期休暇を利用して実家の近くの病院で頬骨削りを実施したのです。
カウンセリングを行ってくれた医師はとても優しく、痛みや経過、費用など様々なことについて詳しく話を行ってくれました。
怖い気持ちはありましたが信頼できそうな病院だったこともあり、本当に頬骨削りを実施することにしたのです。
手術日を決めて実施してもらったのですが、全身麻酔だったので思っていたよりは怖くありませんでした。

小さい頃から顔が大きいことが悩み : 頬骨削りで小顔になることを決意 : 自分に自信が持てるようになった