頬骨削りで小顔を手に入れることができました

小さい頃から顔が大きいことが悩み

頬骨削り / 頬骨骨切り

小さい頃から顔が大きいことが悩み : 頬骨削りで小顔になることを決意 : 自分に自信が持てるようになった

小さい頃から顔が大きいことが悩みでした。
男の子から直接馬鹿にされますし、女の子からは陰口を叩かれてつらい思いをしていたのです。
思春期には厳しめのダイエットをしたり、集中的に小顔マッサージを行ったりしたのですが、身体は痩せても顔の大きさは変わりません。
当時の自分は気がついていませんでしたが、そもそも骨が出ているので、いくら肉を落としても顔が小さくなることはなかったのです。
成長するにつれて骨が原因であることが分かりましたが、それならばどうすることもできないと思うようになりました。
学生時代は好きな人もできましたが、陰で顔が大きいと馬鹿にされていることを知ったり、女として見ることができないと言われたりすることがあって、明るい青春時代を送ることはできなかったのです。
男の人がいると男女どちらからも悪口を言われてしまうことに気がついていたので、大学は女子大に進学しました。
初年度の必修のゼミが同じになった女の子がいたのですが、たまたま好きなアーティストが同じであり、仲良くなることができたのです。
彼女はオシャレでとても可愛く、自分と違って女の子らしいタイプでした。

骨切り形成手術に関連した学会には、形成外科学会や頭蓋額外科学会などがある。


日本頭蓋額外科学会の所属の条件⏬
「頭蓋、顎、および顔面の領域に生じうるすべての疾患の病態知識と治療技術を修得」が選定条件となっている。
#エラ削り #頬骨削り pic.twitter.com/GcY2tvV0aW

— 整形の名医相談窓口🏥フェイスリフト•糸リフト•目の下のたるみ・クマ取り・脂肪注入の失敗やDT (@hanayama_com) March 19, 2021