ワキ脱毛の施術を受けるときにおいては、通うまでの間をどの程度開けておけばよいのかについて考える人は多いでしょう。
ワキ脱毛の間隔は、まず通う頻度は脱毛サロン・脱毛クリニック共に共通しています。
平均的に2ヶ月から3ヶ月に1回くらいとなっています。

全身脱毛と比べて、ワキの部分に関しては通う頻度はそう多くありません。
人によってはそこまで年間で通う間隔が少なくてもいいのかと気にする人もいます。
しかし通う頻度が多くない理由はきちんとあり、毛周期が関係しています。

毛周期は、簡単に書くと毛が生えてくるまでのサイクルのことを指します。
一般的な毛の生えてくるサイクルは成長期やから退行期を経て休止期までとなっており、これを2ヶ月から3か月の期間で繰り返しています。
そしてもう一つ覚えるべきこととしては脱毛マシンによる照射は、毛周期の中でも成長期の毛にしか効果がみられないという点にあります。
ですので、脱毛サロンに通うにあたっては2ヶ月は最低でも間隔をあけておかなければなりません。

中には早く脱毛を完了しておきたいと考える人もいることでしょう。
しかし毎月施術を受けたからといって、そのぶんだけ脇脱毛が早く終わるわけではないということを理解しておく必要があります。
かえって脱毛効果が半減する形になったり、通う回数ばかりが増えた結果追加の出費が増えてしまう可能性もあるため焦りは禁物です。
大手の脱毛サロンであれば、どのくらい間を空けて通えば良いのかを丁寧に教えてくれますので指示に従うようにしましょう。

脇脱毛をベストな間隔で通うためのポイントとしては、まず脱毛している期間においてはできるだけ日焼けをしないようにすることが大事です。
日焼けをしたお肌は、紫外線のダメージを受けており軽い火傷のような状態になっているためです。
そこに施術を行うことで、肌トラブルが起きる可能性が高くなってしまいます。
毛抜きやワックスで自己処理する人もいますが、こちらも肌トラブルが起きる懸念から避けるようにしましょう。
あとは予約がとれる傾向が大きい信頼できる脱毛サロンに通えば問題はありません。