ワキ脱毛をすると汗が止まらない、多くなったなど多汗症になってしまったと感じることがあります。
通常汗が出るのは、体内の調整のために出ており、出ることで体温を調節しています。
多汗症の場合、自律神経が乱れた、生活習慣、食べ物などによって必要以上に体温を調節しようと大量に出てしまう状態になります。
出ないよう水分量を控えていても、それがストレスとなりさらに悪化してしまうこともあります。
また、たくさん出ると雑菌がつきやすくなり、臭いのもととなります。主にワキ、手の平に汗腺が集中しているためその部分に多く出る傾向にあり、中でもワキの部分に雑菌がついてしまうと独特な臭いがする、ワキガと呼ばれる症状が出ることもあります。

ワキ脱毛はワキの部分のムダ毛をしっかりと処理するため、つるつるとした肌になります。そのため、多く出るとムダ毛でとめないため滴り落ちる感覚になります。その感覚からワキ脱毛によって多汗症になったと錯覚してしまうのです。
症状が出たのではなく、通常の汗が滴り落ちていると考え、適切な処理を考えると良いでしょう。

こまめな汗の処理が大事

こまめにワキの下をぬぐう、制汗剤を使用する、ということを行います。なお、ストレスによっても汗が出やすくなりますし、辛い物など香辛料が多く含まれたものを食べても汗は出やすくなります。
暑い時期は、特にこまめに汗をぬぐうようにするのが大切で、その際には除菌効果のあるパウダーや、肌用のウェットティッシュを利用するようにします。
この他、意外に忘れてしまうのは衣服です。汗は流れ落ちている、という感覚の前から出ています。衣服に付着すると臭いのもととなるので、しっかりと洗濯をするようにしましょう。その際、香りが強いものを選ぶのではなく除菌消臭効果のあるにおいが控えめになっている洗剤を利用すると衣服の臭いを抑えることができます。洗濯の後にすぐに干すことも大切であるので、ワキの下と共に衣服も清潔を保つように心がけます。