ワキ脱毛を施術すると気になっていたワキのにおいから解放されると考えていたのに、以前よりも強くなってしまったという方は稀有ではなく、手間と費用をかけたからこそ残念な気持ちが助長されてしまいます。
そもそもワキのにおいはアポクリン汗腺から放出される汗に垢や雑菌、皮脂が混ざり合ってしまう事により生じ、根源の細菌は毛根にて繁殖を繰り返します。
脇毛があると汗が溜め込まれやすくなりますし、高温多湿な状況は雑菌にとって絶好の環境であるため、ワキ脱毛をすれば物理的に毛が無くなるので細菌の量が減少するのは理に適っています。
しかし発汗量が増えてワキのにおいも強まったと感じている方が多いのは事実であり、理由として多いのはせき止めつつ蒸発させる事ができていた脇毛が消失した事で表皮に直接的に流れている様子が伝わり、いかにも発汗量が増加したように誤解するというものです。
そのような状況になれば洋服に汗染みが生じてしまったり、体臭が気になるといった心理的な負担が強まるので、ストレスにより性質が変化し元来よりもワキのにおいが強くなるのも頷けます。
このようにワキ脱毛をした後からワキのにおいが気になり始めたという方が多い一方で、想定したように体臭が気にならなくなったという喜びの声も多く、やはり脇毛そのものが脇から無くなったというのが功を奏している事に加え、ワキ脱毛であるが故に毛根すらも無くなっているのが自己処理とは大幅に異なる事です。
カミソリなどを使用して自己処理をしても同じくムダ毛が無くす事はできるのに、ワキ脱毛のようにワキのにおいを無くす事ができないのは濃くて太い体毛を発毛させる事が可能な毛根が相変わらず残っているためです。
毛根にて雑菌が繁殖するためそれ自体を無くす事ができれば温床になったり増える事は無くなるので、汗ふきシートで拭いても一時しのぎにしかならないといった悩みが無くなりますし、皮脂や汗も毛根内に溜まりにくくなるので常に清潔感を高くキープできるようになります。